冷やし中華

冷やし中華

実は、仙台が発祥地である『冷し中華』

夏になると中華料理の売り上げが落ちてしまい、困っていた中華組合が昭和12年(1937)に「夏でも食べられるメニュー」ということで考えられたのが冷やし中華の始まり。酢を加えた醤油ダレに、冷やし麺を浸した涼拌麺(りゃんぱんめん)。当時の具材はキュウリ程度だったが、酸味のきいた味で人気商品になった。
現在では具材も増え、発祥の地ならではの元祖の味から、オリジナルの味まで楽しめます。