ずんだ餅

ずんだ餅

伊達政宗公を名付け親にもつ由緒正しき郷土料理

仙台藩でもお盆独特の郷土料理として楽しまれていたという『ずんだ餅』。ずんだの語源は、豆を潰す意味の「豆打(ずだ)」が永い間に「ずんだ」に訛り一般化したというのが有力で、命名者はかの伊達政宗公とも言われています。
枝豆をすりつぶしたものを餡に用いる餅菓子で、昔もいまも多くの方に愛され続ける一品です。