笹かまぼこ

笹かまぼこ

プリプリした食感が美味しい

まだ冷凍技術がなかった頃、松島周辺でヒラメの大漁が続き、捕れた魚の処理に困った知恵のある漁師たちが、魚の身をまな板で叩いて手で形を整え、竹串に刺して焼いたのが始まりとされる『笹かまぼこ』。こんがりと焼き上げた白身魚のシンプルな味わいと独特の歯ごたえにあります。
『笹かまぼこ』は新鮮なうちにそのままかぶりつくのが一番。わさび醤油や生姜醤油、マヨネーズをつけるのもおすすめの食べ方です。