北菓楼 北海道開拓おかき

北海道開拓おかき

北海道開拓おかき 北海道開拓おかき 北海道開拓おかき

懐かしい北海道のおいしさをつたえたい

北菓楼の北海道開拓おかきは、精米所直送の精米したての餅米を研ぎ、水でうるかし炊くことから、餅つき、乾燥、油揚げ、味付けにいたるまで7日間かけておつくりしている為、「なのか(7日)おかき」とも呼ばれております。

特に一番の特徴であるしっかりとした食感に仕上げるには7日間もの時間と手間が必要不可欠でした。中でも、乾燥工程では、約5日間、2段階に分けてじっくりと乾燥させることで、お餅を自然にひび割れさせています。そうすることで、北海道の開拓時代に固くひび割れたお供え餅を金づちでかき砕いて揚げて食べていた昔ながらのおかきの食感を再現しています。また、味付けには、道産の天然塩を使っています。

秋鮭は、日本有数の鮭処標津の秋鮭を。帆立は、オホーツク枝幸の天日干し帆立貝柱を。甘エビは、増毛の最高級甘エビを使用しております。えりも昆布は、天日干しにこだわったうまみがぎっしりと凝縮されたえりもの昆布を使用松前いかは、津軽海峡の荒波にもまれ、身が引き締まった、肉厚でやわらかい「真いか」を使用。期間限定の北海シマエビは、北海道の野付半島・尾岱沼で捕れる幻のエビと言われる北海シマエビを使用しています。
おかきと一緒に入っている各味の素材を使った、旨みたっぷりのおつまみもひとつの特徴となっており、プラスワンの楽しみとして、皆様からも喜ばれております。

昔ながらの製法で、じっくり七日間を掛け、おつくりしております「北海道開拓おかき」をぜひ、お試しくださいませ。

北菓楼 北海道開拓おかき

information

Tel.0125-53-1515

所在地
北海道砂川市西1条北19丁目2-1
アクセス
高速道路:道央自動車道奈井江砂川出口、一般道ご利用の場合、国道12号線沿い
JR函館本線:札幌から特急で約50分、旭川から特急で約40分、千歳から特急で約80分で砂川駅です。砂川駅からは、タクシーまたはバスをご利用ください。
営業時間
9:00~19:00
※喫茶フロア9:00~17:00
休み
元旦
URL
http://www.kitakaro.com/