萬順製菓 よりより

よりより

よりより よりより よりより

長崎中華菓子の老舗 「元祖よりより」萬順

萬順菓舗としては長崎市新地にて明治十七年(1884年)創業、創業以前は萬順號(まんじゅんごう)という貿易商でした。萬順製菓の三代目の初頭頃までは船もあり、その当時までは砂糖を取り扱っていたようで、そのため明治十七年に菓子業を始めました。創業当時の長崎は、貿易港としての地位は横浜・神戸に譲ってはいたものの、オランダ貿易・中国貿易の伝統は脈々と生き続ける国際貿易都市。そんなハイカラ風土の中に萬順は誕生したのです。 そこから百二十余年。明治から平成まで、時代を超えて四代目。初代から受け継ぐ味と手法を基本にしながら、時代に合った味の洗練と商品の開発に努め、今も一つ一つ丁寧に手作り手法を守りつづけています。
・第14回全国菓子大博覧会金賞牌受賞
・第17回全国菓子大博覧会有功賞受賞
・全国色菓子大品評会総理大臣賞受賞   他

一度食べたら癖になる美味しさ

今では長崎銘菓として長崎っ子に広く愛されるものとなっているが、最初からその名前ではなく、ほかの名前でした。元々、長崎にある新地という土地は唐人達の居留地や荷揚げ場で、一般人たちは出入りができない場所であったため、第二次大戦前までは「よりより」もほとんどが、その中だけでの取引でしたが、戦後になり長崎の一般人たちの口にも入るようになり、その美味しさが評判となったが漢字の読み方が分からず、「唐人巻き」「南京巻き」「よれよれ」「よりより」等とよんでいたのを、昭和三十年頃当時、弊社の代表であった昭夫により名物「よりより」と定められました。一つ一つ手作りにて編むように作られた「よりより」は硬い食感が特徴。しかし、その硬さと、噛むほどに出てくる深い味わいが一度食べたら癖になる美味しさです。

美容と健康によい焼き菓子「金銭餅」

中国の古代貨幣をモチーフにした焼き菓子「金銭餅(きんせんぴん)」。まわりに胡麻をまぶしており、一口サイズの中華風胡麻クッキー。起源は三千年ほど前、中国の皇帝への貢物にされたという銘菓。胡麻は楊貴妃も好んで食べたというくらい美容と健康によく、珍重されており、また、貨幣の形をモチーフにしている事から、国無形文化財の長崎くんちでは御捻りの中身としても珍重されております。

萬順製菓 よりより

information

Tel.0120-240477

所在地
長崎県長崎市諏訪町7-28
アクセス
長崎駅前電停から路面電車(蛍茶屋行乗車)利用5分、公会堂前下車、徒歩8分
URL
http://www.manjun.co.jp/