カツオ

かつお

新鮮で見た目も鮮やか

江戸で昔から海の味覚として大変珍重されてきた鰹。薩摩半島の南部に位置する鹿児島「枕崎」は昔ながらの漁師町で、日本で一番早くカツオが着く町としても有名です。枕崎は東シナ海に面し、黒潮の通り道として環境にも恵まれており、その鰹は鮮やかな赤みで弾力性のあるモチモチとした歯ごたえの生臭さのないさわやかな味になっています。代表的なカツオ料理はタタキです。